ミシェル・ゴンドリー「エターナル・サンシャイン」

IMG_1345

バレンタインデーには、この言葉を思い出す。2004年のミシェル・ゴンドリー監督作「エターナル・サンシャイン」で、ジム・キャリー演じる主人公ジョエルが呪詛を吐くように日記にこうしたためるのだ。

「いちばん好きな映画は?」と聞かれたら、私は必ず「エターナル・サンシャイン」と答える。内気な男ジョエルとエキセントリックな女クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)の、それはそれはロマンティックで奇想天外な恋愛映画だ。記憶除去装置を使って、思い出からお互いの存在を消した2人が、偶然か必然か再び出会い、恋に落ち、すでに別れた過去があることに気づいてからも、もう一度やりなおそうと向かい合う。これから先ケンカしたり傷つけ合ったりすることが分かっていても、それでもやっぱり2人で一緒に歩んでいくことを選択するラストで、お決まりのように私の涙腺は決壊する。

記憶の中から相手を消していくユニークな描写はゴンドリー監督らしくて楽しいし、いつもは見ていて疲れる“顔芸”俳優ジム・キャリーの繊細で抑制された演技は、私の胸まで痛むように切ない。ジム・キャリーは鬱を患ったりしているし、多くのコメディアンがそうであるように、プライベートではもの静かでジョエルに近い性格なのではないかと思う。

ちなみに、バレンタインデーは日本だと女の子が好きな男の子にチョコレート渡すことになっているけれど、海外だと彼が彼女に素敵な下着や花束をプレゼントするよね。昔、真っ白いチューリップの花束をもらったことがある。嬉しかったなー、と遠い目。

広告