ティム・バートン「ビッグ・アイズ」

IMG_1379

大声張り上げれば、自分の強さを誇示できるわけではない。怒鳴り散らしたり、多弁になったりするのは、自信のない証って場合も大いにあるからね。

上はティム・バートン監督「ビッグ・アイズ」に出てきた言葉。この映画は、1960年代のアート界に衝撃を与えたスキャンダルを題材にしている。大きな目をした子どもの絵で時代の寵児となった画家ウォルター・キーンだが、実際に筆をとっていたのは妻マーガレット・キーンだった、という実話。口がうまく商才に長けたウォルターに言い含められて、黒子に徹していた内気なマーガレットが、著作権をめぐって裁判を起こした際、法廷で夫に向かってこのセリフを言い放つ。

ウォルター役は芸達者のクリストフ・ヴァルツ、マーガレット役はエイミー・アダムスが演じていた。ここ数年、子どもっぽいファンタジー作品が多かったバートン監督だけど、この映画は久しぶりに見応えあるドラマに仕上がっていたと思う。

広告